上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

「いいですよ、買って下さい。どうせ今夜も帰って寝るだけだ。退屈なのは同じです」

-----

石田衣良さんの作品ですね。
小説で読んだことはありませんが、池袋ウェストゲートパークが有名ですね。
ドラマは好きでした。笑

飛んで、この作品は衝撃的な作品だと本の帯で謳われていた作品です。笑
石田衣良さんの作品は何だかぶっとんでる感じのベクトルがあまり好きになれなくて、好んで読んではいなかったのですが、この作品は素直に面白いと思います。

大学生として退屈に毎日を過ごしている20歳のリョウ。
彼が「娼夫」というものを知る話です。


とまあなんというかキザというか、性の概念を超えるぞという意気込みがチラチラ見える作品でした。
バーテンやら娼夫やらの部分が気になるのを含めても、話はとても面白い。

ただ下手すると、毎日を退屈している青年が新しい性の世界を見てそこに価値観を見出す、というだけの作品に見えてしまう危険があります。(作中で恵がそう見ているように)
この作品はどちらかというと、ポジティブな意味で性や人間を受け入れていく話だと思います。

作中で静香が言っている、
『リョウくん、あなたは女性をもってお信じなさい。あなたがつまらないと見くだしているものは、もっと素晴らしいものよ』
といった台詞が象徴的ですね。性行為を楽しめというだけの意味ではなく、あらゆることに関して拒絶をやめろという意味で。

通して読むと、とても内容の濃いことが分かります。
ただ作品を通して語っている、『愛』についてが話途中で終わってしまっています。
もしかしたら語りきれない問題なのかも知れませんね。

惜しいですが、これでも十分いい作品ですね。
明日は昼からバイトなのに深夜にゆっくり読み返してしまいました。笑

スポンサーサイト
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。