上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

軽やかに宙を舞う達磨たちは校舎の谷間を超えて次々と飛来し、ばらばらと降り注いだ。二つの達磨が、パンツ総番長と紀子さんの頭に当たり、ぼうんと跳ねた。
正直なところ、私は涙ぐんだ。あまりに美しく、あまりに羨ましかったからである。
「なんてこった!」
パンツ総番長は呻いた。
「御都合主義もいいとこだ!」

-----



森見登美彦さんは初めて読む作家さんです。
巧みな文章ながら若々しさがあるな、と思って調べてみたら30歳くらいなんですね。なるほど。
本作はなんというか、可愛らしい恋愛小説です。

あらすじとしては、「黒髪の乙女」にひそかに想いをよせる主人公である「先輩」とその相手である彼女の視点が交互に入れ替わり、話が進んでいく流れです。
「先輩」が彼女に命がけでアプローチしていくというコミカル調な話ですね。

コミカルだなあ、コミカルだなあ、と思いながら読み進んでいき、最後にあとがきを見た時に絶句しました。
そこには羽海野チカさんの絵が・・・!
コミカルもいいし、ハチクロも好きですが、最近のこういうコラボレーションのようなものはあまり好きではありません・・・。なんだかちょっと最後の最後でがっかりさせられて感じです。笑

それはさておき、何とも巧みというか流暢というか、日本語が上手な文章でした。
僕自身あまり日本語が得意じゃないので、こういうのを見ると「何さ!」と思ってしまうのですが、やはり上手い方が読みやすくていいですね。笑
ただ、結構カッコいいナルシストの人を見た時のような気分といいましょうか、やはり「何さ!」と思ってしまうものです。

文章もいいし、全体の構成も文句なしという感想ですが、その分やっぱり内容に目がついてしまいますね。
コミック感覚で読める文学という感じでいいにはいいのでしょうが。
あと、話の盛り上げかたですね。

無理やり盛り上げているというか、一つの意思に収束するように都合良く描かれているために現実感がないというか、早い話がちょっと嘘くさいっていうことですね。
まあわざとらしいドタバタコメディということでいいんでしょうかね?

とりあえず読みやすく、本題も可愛らしく好感を持てたので、楽しく読ませていただきました。
機会があったら、他の作品も手にしてみたいと思います。
スポンサーサイト
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。