上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑



久しぶりに村上龍さんの本を読みました。
以前から存在は知っていたけれど、文庫本の後ろの文章を読んで、なんとも合わなそうな感じだったので敬遠してきました。
もともと青春系が苦手だったのと、何だか時事的な政治もののように思えたものですが、読んでみると結構爽やかな青春ものでしたね。笑

物語というより、村上龍さんの高校生時代の自伝に近い感じですかね?
青春時代を全力で楽しもうとする感覚がとても共感できるものでした。

以下にあらすじ。
両親とも教師をやっている主人公の健介。成績優秀であるが、遅刻早退や問題ごとを起こすなど、さまざまな部分で素行不良なので教師たちから目をつけられている。
健介の友達の炭鉱町出身で容姿端麗のアダマや、バンド仲間の岩瀬などがいる。

アダマとつるんで、学校をバリケード封鎖したり、学生だけでの大きなイベントを主催するなどがこの話の本筋です。
ハッタリだけで生きている健介とそれを冷静にみているアダマの描写が村上龍さんの作品にしては珍しくコミカルに描かれていて、そういう部分も中々新鮮で面白く読めました。

青春の醍醐味というのは、「あり余るエネルギーの発散」というところですかね。
あとがきにもあるように、『楽しんで生きないのは、罪なことだ』というのがテーマに思えます。

本を読んで、「共感」という言葉はなるべく使わないようにしているんですが、この作品は読んでいる最中、共感できる部分が沢山ありました。
(共感という言葉を使うことは、イコール考えることを放棄するというものに繋がると考えています。批評する時に一番楽なのは、全くその通りだ!と言うのと全く駄目だ!という二択だと考えるからです。)

現代社会では「我慢」というものが徳とされているのでしょうか。
実際に全力で楽しんで生きているという人を見ることはあまりありません。

そういう自分が全力で楽しんでいるかと考えると、言葉につまるところはありますが、それでも可能な限りは楽しんでいるように思えます。
しかし、社会は可能な部分も見ようとしないで、自ら楽しむことを放棄しているように思えます。

それは楽だから、と考えるのが妥当かなとも思います。
楽だからという理由で我慢を選んでいるのに、「辛い辛い」というのはいかなるものかと、そういうことです。

時給一万円の人がそこそこに働くのと、時給八百円の人が必死に働いて「頑張って生きています」と言うのを比較するのと似ているかも知れません。
時給八百円の人が努力するポイントは、一生懸命働くことではなく、一生懸命時給を上げる可能性のある道を選ぶことでしょう。
作品でも「何故わざわざそれを選択したのか?」というような問いかけをしているようにも思えました。

作品のあとがきにも、『現在では「どう楽しんで生きるか」ではなく「どうやって生きるか」という基本的な問いが必要だ』とあります。
生き方の選択肢はいくらでもあるのでしょう。
それでも、自分は最も楽しめるように生きるやり方を模索したいと思っています。

そういうことじゃないでしょうかね。
スポンサーサイト
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

Secret

TrackBackURL
→http://negima110.blog48.fc2.com/tb.php/132-a4abbfb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。