FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

四つの物語が並走して進む。ように見える騙し絵のような作品です。
伏線を張るのが大好きな伊坂さんの人間性が全開な話ですね。
有名な作品なのであらすじは省略します。笑

四つの物語がそれぞれ絡み合い、登場する人間がそれぞれの働きをして綺麗にまとまった話を作っています。

そういう意味では巧妙にできてるいい作品だな、と思いました。
読んでいて飽きないし、うまく伏線を張ってくれてるから展開も分かりやすいんですが、
そのしれっとした感じがちょっと気に食わなかったです。笑

いい作品であることは間違いないので、気になった伏線の張り方に何点か文句を。

・黒猫のミケの生死で時系列の伏線を張っているのですが、猫の生死に関わるポイントが黒澤のエピソードと河原崎のエピソードの前後関係しか表していない。こっちの時間の方が先だよって示すためだけに猫を無駄に一匹殺すってのは、お話とはいえ気持ちいいもんじゃないですね。
・あと、豊田が若者に発砲した後に黒澤のエピソードに移って、『どこかで銃声が聞こえた気がした』とありますが、これは意味をなさない描写ですね。時差を錯覚で埋めるためだけに書かれたもののように思えます。(さかのぼってみても、銃声が鳴るようなシーンはない)
・老夫婦が銃を持っているシーンもあります。偶然入手したとありますが、これは誰が見ても豊田の銃が回ってきたと想像してしまうと。

あと何と言っても、
・カカシのエピソードが不自然以外の何者でもない!!笑
カカシだけはやめて欲しかった・・。ファンの方はこういうのが嬉しいんですかね。本当に謎です。
しかも物語に何も関係ないっていう・・。

以上のような、思わせぶりな伏線の張り方が混乱を招きます(カカシは別として。笑)。本を冒頭から初見で読んでいる時には、伏線を乱立させてどの伏線をピックアップして推測するかでドキドキしますが、時系列にまとめなおすと無用の長物でしかないですね。

逆に言えば、そこまで伏線を立てたんだったら最終的に時系列で直した時に矛盾を生ませたりして、何通りかのストーリーの可能性を生ませてもいいんじゃないかと思いました。
というか、ここまで思わせぶってるんだから絶対アナザーストーリーがあるはずだ!と思って探しましたが、どう考えても最後の答え合わせ的な外人のスケッチブックでぶつかってしまいます。

例えば、コインロッカーの鍵が実は違う場所のものだとか(老夫婦の銃の矛盾を消す)、豊田の話だけ時間がずれてるとか、本当に黒澤が猫を生き返らせてしまっているとか、
あったら面白いだろうなあと思うことを色々考えてみましたが、全部外れでした。
やっぱりアナザーストーリーはないんですかね。

二周目三周目も読むことを考えたら、隠されたストーリーみたいなのがあったらよかったのにと思いました。
ちょっと残念。

まあ、面白かったんで一周だけでも満足ですけどね。笑

スポンサーサイト
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

Secret

TrackBackURL
→http://negima110.blog48.fc2.com/tb.php/33-3ee8491b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。