上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

論文も(一応)終わり、余裕ができたので映画でも見ようとビデオ屋に行ってきました。
特に何見ようか決めてなかったのですが、前に友達と飲んでる時に美女と野獣の話をしたので、
久しぶりに借りて見てみました。



ディズニーの映画はいいですね。
あそこには嘘がないです。
ピクサーも好きだけど、やっぱり一味違うという所はありますね。

ビーストが「私は醜い」というシーンだけで、ホロリときますね。笑
友達と話している時は「真実の愛とは何か」みたいなテーマでしたが、
「あの映画は吊り橋効果」だとか、「実際醜かったら恋しないよ」とか
何とも大人げないことばかり言ったけど、こんだけ美しい映画にケチをつける必要なんてなかったな。

でも冷静につっこむと、ベルとビーストが城で踊るシーンまでで十分ですね。笑
その後の展開はハラハラするだけで余り気持のいいものではないです。笑

ディズニー映画は美とか夢の象徴なんだなあ。
どうしても現実に夢を憧れてしまうけど、夢は夢だから夢であり得ると言いますね。

少なくとも世界がこれだけ嘘のないものだったら嬉しいんですが、そうはいきませんよね。
残念だけど、夢見れるだけマシですか。笑

少しでも変われるように努力しますかねえ。


(beauty and the beast - 歌詞より 和訳はyahoo知恵袋より。笑)

Just a little change
ほんのちょっとの変化でした

Small to say the least
本当に小さな ちっぽけなことなんです

Both a little scared
どちらも少し おびえていたし

Neither one prepared
心の準備なんて どちらもできていませんでした

Beauty and the Beast
美女も野獣も
スポンサーサイト
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

Secret

TrackBackURL
→http://negima110.blog48.fc2.com/tb.php/61-4c780af9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。