FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

2008.11.17 犯人に告ぐ
「犯人に告ぐ」 見ました。
日曜洋画劇場ですね。

映画には関係ないけど、最近HDレコーダーを買ったのでビデオに録って見ましたが、CMの所でチャプターを綺麗に切ってくれていて、一度もCMに引っかかることなく見終わりました。
すごい便利だとは思うけど、地上波で流して多くの人がCMをスルーしてしまって、広告としての意味はあるのだろうか・・・。謎です・・・。


それはおいといて、「犯人に告ぐ」 見ました。
これは雫井脩介さん原作ですね。「クローズド・ノート」が耳に新しいです。

残念ながら原作は読んでいないけど、映画の感想はとりあえず一言。
トヨエツかっこよすぎる、と。

豊川さんは相変わらず最高でした。気合が入りすぎて若干周りから浮いてる感じとか最高です。
正直、熱い男を演じるトヨエツはあまり好みではないけど、アレはアレでありかな、と。
個人的には「12人の優しい日本人」や「大停電の夜に」なんかに出てるクールな感じなキャラクターを演じている方が好きです。

トヨエツの人物評は置いといて、映画ですね。

全体を通して見て、あまり文句はない感じでしたが、何か今一つという感じでした。
前半の作りに比べて、後半の流れが段々アバウトになっていく様なんかも気になった。警察内部での対立の描写や、警察がテレビ番組内で発言する内容など、『これは流石に・・』とリアリティに欠けてるんじゃないかと思ってしまいました。

しかし、話の流れも分かりやすいし、鑑賞に耐えられるレベルであったし、トヨエツもかっこよかったので文句はないです。
ただ、ラストのシーンだけが何とも・・・。

原作を読んでいないので何とも言えないけど、謎かけというより視聴者に不安だけを残す終わり方のような気がしますね。

あれがミステリアスな展開を意味するものなのか、それとも巻島警視が何かに気付いたことを表わすものなのか、非常に曖昧です。原作を読んでみようかな・・・。

まぁ終盤のBADMAN逮捕時の記者会見の植草警視の表情など、その辺の事情が解決していないので、それらを意味する描写なのかもしれないけど、
それにしてもああいうラストはどうなんだろう、と・・・。
トヨエツにかかったやけに濃い影も気になるし・・・。

なんだか不本意だけどもう一度見てみようかな。
スポンサーサイト
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

Secret

TrackBackURL
→http://negima110.blog48.fc2.com/tb.php/8-3af0404e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。