FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

2009.04.22
眠るまで話していよう すべての言葉に意味などなくても
ささやかなふたりごとに また始めから魔法をかけて

眼をとじて映る 悲しいことを 並べ替えて
あたらしい話に紡いで あなたに見せたくて 嬉しくて


(霧の中 / the Miceteeth より)
----------

悲しいです。
手放しに悲しみを表現する薄っぺらい表現は嫌いですが、今日はどうもそういう感じです。

現在活動しているバンドで最も好きだったThe miceteethというバンドが解散してしまいました。
小粋な解散のコメントで最後までかっこつけてくれましたが、もう二度とライブが見れないというのは悲しいものですね。
解散という結果が予想できていただけに、知った時には「ああやっぱりな」と思ってしまいましたが、曲を聴いていると悲しみがどんどん湧いてきます。

思えば、高校生の時に初めてこの曲を聞いて、スペースシャワーTVで流れていたワンフレーズだけで好きになってしまったものです。

ネモ / the miceteeth


決して流行りはしないけど、圧倒的な音楽性と温かみでした。
語りが過去形になってしまうのも悲しい。
当事者じゃないとその音楽が自分にとってどういうものかは分からないけど、単純に悲しい。
誰かが死ななければ音楽なんて永遠にできるもんだと思っていたのに、それも自信が持てなくなります・・。

感情がうまくアウトプットできませんね。
唯一なものを語るのは難しいです。

ただ、メディアであれだけ必要性のない音楽が垂れ流されているのに、いい音楽がこの世から無くなってしまうのが悲しい。
ピアノもギターもホーンもベースもドラムも、歌も全部輝いていたのに、どうしてかなあ。

男女の別れと同じで、それは絶対的なものでしょう。軽薄なものではない、それだけにこの結果は悲しいです。
悲しい悲しい!ああ、明日で23歳になるのにな!
ああ悲しくて腹が痛い!

霧の中 / The miceteeth



夜明けの小舟 / The miceteeth



Sleep On Steps / The miceteeth

シュガープールでつかまえて / The miceteeth

素晴らしい日々 / The miceteeth
スポンサーサイト
      にほんブログ村 本ブログへ  Top↑

Secret

TrackBackURL
→http://negima110.blog48.fc2.com/tb.php/97-2dff5fd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。